【1日でできる資産運用5選!!】金策ゼロの一般人が、881万円を作るまでの5ステップ

スポンサーリンク
お金

「2000万円問題とか聞いて不安」

「資産運用とか全く興味なかったけど急に心配になってきた」

「資産運用の一歩目として何から始めて分からない」

そんな声に対して参考になる記事を作成致しました。

前提知識、2000万円問題よりも過酷な事実

2000万円問題が話題になったのも結構前の話となりましたが、

皆様は老後に2000万円という金額をいかがお考えでしょうか?

1度ちゃんと自分なりの答えをなんとなくでも出してみてください。

「多いでしょうか?少ないでしょうか?」

個人で差があると思うので結果は私には分かりませんが、

私の場合は「圧倒的に少ない」と感じました。

何故かというと、簡単な掛け算、足し算からでゆうに5000千万円を超えてしまうからです。

現状ですと、60歳で定年で仕事を終えます。

そして今の平均寿命は、

男性で80歳

女性で84歳

となっています。間を取ると82歳です。

つまりは、老後夫婦二人で生活していく年数は22年あるということです。

2020年現在、総務省のデータ、各ファイナンシャルプランナーの記事などのデータから一般的な夫婦2人の家庭の年間の生活費としての支出の平均的な額は、

およそ260万円程度だそうです。(家賃、食費、光熱費などで旅行などの娯楽費、家電、車などの購入費は含まない)

つまりは、260×22年= 5720万円 

といった金額が老後最低でも必要な金額であると計算上は言えます。

しかもこの金額は特に贅沢をしている訳でもなく、一般的な生活をしてでのことです。

ここで次に2つ質問です。

あなたは年金が貰えると思えますか?

そして貰えるとしたらいくら貰えますか?

年金がいくらもらえるか推測しておくことで老後までにいくら貯めておくべきかより具体性が増します。

これは私の体感になってしまうのですが、両方の問いに対してきちんと答えられる人は極稀に思えます。

続いて個人的な見解ですが、

「年金は貰えるが、改悪(実質的に貰える額が減る)される」が私の答えです。要するにマクロ経済スライド的な考えです。

また、年金が改悪されるかあるいは制度が変わった場合(ベーシックインカムの導入)などを検討すると、夫婦2人であるならば年間180万円位(一人なら90万円/年)は国から貰えると思います。

そして年間180万円 × 22年 = 3960万円 

この金額を先ほどの金額と当てはめると、

5720万円 マイナス 3960万円 = 1760万円

こうなってくると2000万円あれば足りますね。

ここで私の2000万円が「圧倒的に足りない」と述べたことに矛盾が出来たことはお気付きになられましたか?

そうです。これは何の楽しみもない最低限の生活が送れるレベル、また高齢になるにつれ、必ず増えてくるであろう医療費が除外されています。

極端に言うと、せっせと定年まで働いた後は貧乏に退屈に過ごし、医療も最低限しか受けられない

これが私の考える60歳でいう2000万円という貯蓄額です。

だからこそ、圧倒的に少ないと述べさせて頂いたというわけです。

それにも関わらず、年金が支給されない、充てにならないなどと言いつつもまともにお金を増やそうと努力していない人の割合は高いです。

因みになのですが、2018年の総務省の統計によると

夫婦2人の60歳時点での貯蓄額の中央値は1515万円だそうです。

確かに2000万円も貯蓄できていない人が多いということのようですね。

さて、ここからあなたは何をしますか?

1度ちゃんと考えてみてはいかがでしょうか。

どういった対策が思いつきましたでしょうか?

70歳まで労働する覚悟を決める。

副業などをして手取りを増やし、貯蓄する。

投資をしてお金に労働してもらいお金を増やす

山篭りをし、自給自足する。

生活保護を受ける選択肢も考慮する。

現実的ではないことも含めて考えればまだまだあります。

なのであまり不安に思う必要もありません。

日本に住んでいるだけでも世界規模で考えれば十分に裕福でもあるのですから。

もし、少しでも興味をお持ち頂けたのであれば次項も読んで頂けたら幸いです。

これから私が述べさせて頂く項目はそんな中で誰でも簡単、手頃に、合理的に一般の人でも500万円以上を稼げる方法をお伝えします。

先ずは、ステップ①から

お金
スポンサーリンク
銀鼠(ぎんねず)をフォローする
管理人
この記事を書いた人

1988年生まれ。調剤薬局の薬局長、配送業を開業してフリーランスでも活動中。
趣味:資産運用
色んな知識、知識考え方に触れるのが好きで日々世界ニュースや、本を読んだりするのが好きです。
保有資格:認定研修薬剤師、FP2級、宅建、第2種電気工事士など

銀鼠(ぎんねず)をフォローする
881万円を作る5つのステップ

コメント

  1. 和田雄仁 より:

    【薬剤師の皆様が豊かで幸せな人生を送るための協力の依頼になります】

    銀様

    はじめてご連絡差し上げます。

    私は株式会社湘建の和田と申します。

    この度は、突然のご連絡失礼致します。
    銀様のブログを拝見し、薬剤師の方がスキマ時間に取り組める、初期投資もノルマも無く、営業でも販売でも無い副業をご提案させて頂きたく、取り急ぎご連絡を差し上げた次第でございます。
    ※ブログ関係・アフェリエイト関係ではございません
    ※成果報酬型で1成約あたり500,000円~程度とお考え下さい

    弊社は横浜に本社、名古屋と大阪に支店を置く企業で、医療従事者の方をはじめとしたお客様の将来対策・人生設計のお手伝いをさせて頂いております。
    2009年に創業し、現在13期目にあたる比較的歴史の新しい企業ではございますが、短期間で非常に多くのお客様から多大なご信頼を頂き、お陰様で売上高は100億円を達成することができました。

    世間で医療従事者は「安定している」「年収が高い」「一生安泰」と思われている職業の1つだと思います。
    しかし一方では
    ・お金や将来について漠然としたお悩みを抱えている方
    ・浪費しがちでなかなかお金が貯まらないと言った方
    ・貯金だけしていれば何とかなるだろうとお考えの方
    などが大勢いらっしゃるのでは無いでしょうか。

    その要因として挙げられるのが、多くの医療従事者の方は日々の業務に忙殺され、お金について学ぶ機会や将来の資産形成など、いわゆる金融知識について触れることが少いのではないかと考えております。
    弊社では、医療従事者の方がいつまでも自分らしく、そして豊かで幸せな人生を送れるように、正しいお金の知識や将来について考える場・学ぶ場を提供したいと考えております。

    このような弊社の考えにご協力頂ける薬剤師の方を探していたところ、銀様のご隆盛を承り是非ともお取引願いたいと存じた次第です。

    既に、いくつかの不動産会社様とお取引されている可能性もあるかと存じますが、一度オンラインでご挨拶のお時間を頂くことは可能でございますでしょうか。
    ご検討の上、まずは下記記載のメールまたはLINEあてにお返事頂ければ幸甚に存じます。

    尚、弊社の実績・事業内容などにつきましては、下記のリンクより会社概要をご高覧下さいませ。
    https://shoken-yokohama.co.jp/

    ・薬剤師の役に立ちたい、応援したい
    ・自分自身も知見を広めていきたい
    ・新たな収入源が欲しい など
    全国で多くの薬剤師の方にご協力頂いておりますので、是非ともご検討をお願い致します。

    それではご連絡お待ち申し上げております。

    株式会社湘建 和田 
    wada@shoken-yokohama.co.jp
    LINE ID wada919
    080-4223-1558

タイトルとURLをコピーしました