ステップ④ 電気会社の見直し

スポンサーリンク
お金

続いて、電気会社を変更しましょう。

電気会社を変更するだけで月々1000円程度安くなります。

ではなぜ安くなるのに電力会社を変更していない人が多いのでしょうか?

それは、2016年に電力が自由化されたため、まだ世間では広まっておらず

変更していない人が多いからだと思います。

また、電気会社を変えることも不安な人もいるかもしれませんが

心配無用です。電気会社を変更したから「電気が来ない」、「停電する」

なんてことは先ずありません。

なぜなら、使用している電線は一緒なのです。それを管理する(電気メーターを確認したり、請求したりなど)する会社が変わるだけなので心配無用という訳です。

例えるならマンションの管理会社を変更するようなものです。管理する人は変わるかもしれませんがマンションは変わりませんよね?

電気会社を変えることはこれよりも変化が小さいことなのです。

だから安心して電気会社を変えてみてください。

それではどこの電気会社がよいか?

地域や、世帯数などにもよって変わってきてしまうので「これ」といったのが決めづらいので

シミュレーションすることがオススメです。

「エネチェンジ」(←をクリック)というサイトで簡単なシミュレーションが出来るので試すことをオススメします。

ただ、住んでる地域とかを入力するだけなので5分もかかりません。

また、電気会社への申し込みもどんなによほどネットが苦手でも30分以上かかるようなこともありません。

シュミレーションも面倒だと言う方は楽天でんきを選択しておけばその他のサービスと連携してお得にもなるのでオススメです。

ただし、注意点としては単身者だと高くなる場合があるのでやはりシュミレーションはしておいた方がいいと思います。

これだけで月1000円、年間にして1万2千円安くなるなら労力をかけてみるべきだとは思いませんか?

おそらく、年単位で換算すると自給1万円以上になりますよ。

こまめに電気を点けたり消したりするよりも合理的に節約できるかと思います。

お金
スポンサーリンク
銀鼠(ぎんねず)をフォローする
管理人
この記事を書いた人

1988年生まれ。調剤薬局の薬局長、配送業を開業してフリーランスでも活動中。
趣味:資産運用
色んな知識、知識考え方に触れるのが好きで日々世界ニュースや、本を読んだりするのが好きです。
保有資格:認定研修薬剤師、FP2級、宅建、第2種電気工事士など

銀鼠(ぎんねず)をフォローする
881万円を作る5つのステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました