ETFと投資信託についての違いとは

スポンサーリンク
お金

投資を使用とする場合に出てくる頻発ワードの一つに「ETF」があるかと思います。

「ETFって何ぞ?」

「ETF調べたけど、有価証券をまとめたものだって、それって投資信託と何が違うの?」

といった方に対してETFについて解説していきます。

ETFとは

ETFとは上場投資信託です。

「Exchange Traded Funds」 の略でETFと呼ばれています。

つまりはETFも投資信託なのです。

図にするとこんか感じでしょうか。

投資信託とETFの違い

ぎんねず
ぎんねず

「じゃあ、「上場」ってつくと何が違うの?」

という問いの結論としては取引の仕方や性質が異なってきます。

上場していると、金融商品取引所で取引されることになります。購入するには必ず証券口座を開設しなければ売買できません。

また、株式と同様に市場での価格がリアルタイムで変動しています。

一方で一般的な投資信託は、上場していない上場の投資信託となります。

ネットで証券会社で購入する以外にも銀行だったり、郵便局などでも購入可能のものもあります。株式の様に常に価格が変動している訳ではなく1日1回のみ、その価格が決められています。

なのでチャートに張り付いてデイトレード的なことは投資信託ではできません。

それぞれこんか感じですかね。

今やどちらもネットの証券会社で購入するので、いまいちピンとこないかと思いますが、投資信託は運用する会社と販売する会社が別々になっている場合があり、両方に信託報酬を払う必要があるため手数料が高くなりがちです。

信用取引ができる

ETFは投資信託と異なり、信用取引も可能です。

つまり、レバレッジをかけて自分が持ってる資金以上に購入することも可能となります。

当然メリットもある一方で、リスクも高くなりますので使用されるなら要注意です。

また、信用取引が可能なメリットとしては空売りすることが可能です。

空売りを上手く利用して売買することが出来れば更に儲けを生む機会が増えるかもしれませんが、初心者にはあまりオススメできないのでやるとしたらある程度経験を積んでからの方がいいと思います。

私的には利確するには迷うけどただ保有しておくのも怖いってときに、関連銘柄を保険的に空売りする程度で利用しています。

配当金が出る

更にETFでは配当金も出ます。

高配当株好きには投資信託よりもETFの方が好ましいと言えますね。

個別株はちょっと、でも個別株のような株主優待みたいな特典も欲しいなんて方には向いてるかもしれません。

配当が出るから総合的に得するというわけでもないのであくまで個人の投資スタイルなどで考え方は変わってくると思います。

投資をしやすいのは投資信託

ETFの方がメリットがありそうな雰囲気になってきてしまいましたが、

投資の手軽さにおいては圧倒的に投資信託です。

一度設定してしまえば毎月の定額の支払い額を決めて、自動で勝手に引き落としもしてくれます。

つまり、ほったらかし積み立て運用で楽に投資が継続できます。

一方、ETFは大抵は自分でイチイチ購入しなければなりません。ネットだから楽とも言えますが、リアルタイムで価格が変動するため買うタイミングに悩んだりと手間であることは確かです。

投資が好きでない方はこれだけでもハードルかもしれませんので、やはり入門としては投資信託からのが良いと個人的には思います。

NISAと積立NISA&iDeCo(番外編)

ETFと投資信託を語る上では外せない話題の一つかと思うNISAについても少し触れていこうと思います。

NISAを利用するとしたらETF、積立NISAとiDeCoなら投資信託での投資となりますね。

なのでNISA制度を利用していく上でも、投資対象としてETFを選ぶか、投資信託に選ぶかの判断基準になるかもですね。

そもそもNISAとか分からないって方はとりあえず松井証券のHPなどを参照してみることをオススメします。

→私の過去記事でも軽く触れています。

→iDeCoについても。

また、積立NISAでも一応7本だけ下記のETFが購入できます。

銘柄信託報酬
ダイワ上場投信-日経2250.176%
ダイワ上場投信-JPX日経4000.198%
ダイワ上場投信-トピックス0.121%
上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本0.264%
上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)0.264%
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)0.165%
上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)0.264%

悪くはないと思うのですが、手数料の点を考えたら投資信託でも良くね?ってなります。

投資信託なら個人的にはイーマクシススリムが現状では優れていると思います。

→イーマクシススリムで全世界株か全米株のどちらを買うべきか過去にまとめています。

ぎんねず
ぎんねず

じゃあNISAなら何がいいんだよ?

投資手法にもよるのですが、積立NISAに近いインデックスファンドの様な投資をしたいのでしたら、

「VOO」、「IVV」、「VT」あたり、→過去参考記事:実は個人的にSPYはちょっとだけオススメできない理由

高配当目当てなら、

「VYM」、「SPYD」、「HDV」なんかが一般的にはオススメかと思います。

安定重視して債券を絡めるなら、

「TLT」、「AGG」、「BND」とかですかね。→これらの投資についての考えを過去記事でまとめています。

と挙げていくとキリがないのでこれ位にさせて頂きますね。

投資初心者なら先ずは積立NISAを活用してイーマクシススリムで全世界株式+α位が最初はいいかなと思います。

それと、一般NISAと積立NISAは併用出来ないのでご注意を。

もし、投資資金余ってんだけど、でも投資ってたいして興味ないわって人は一般NISAで「VOO」全振りとかでも個人的には無難かと思います。

お金
スポンサーリンク
銀鼠(ぎんねず)をフォローする
管理人
この記事を書いた人

1988年生まれ。調剤薬局の薬局長、配送業を開業してフリーランスでも活動中。
趣味:資産運用
色んな知識、知識考え方に触れるのが好きで日々世界ニュースや、本を読んだりするのが好きです。
保有資格:認定研修薬剤師、FP2級、宅建、第2種電気工事士など

銀鼠(ぎんねず)をフォローする
881万円を作る5つのステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました