ステップ② クレジットカード

スポンサーリンク
お金

クレジットカードを作ろう。

これはとてつもなく簡単な項目です。

もし現金支払いを継続している方は今すぐに

クレジットカードを作ってください

なぜかというと以下のメリットがあるからです。

・支払いの1%程度が還元される(楽天カードなど)

・世界の流れがキャッシュレス化(途上国でもキャッシュレスが当たり前の時代です)

・支出管理が楽

・紛失、盗難にあっても気づけばカードの使用を停止出来る(例え使われても名前を記入していれば保険もおりる)

・財布がスッキリする。

などメリットが豊富です。

デメリットは支出管理が苦手な人は使いすぎて

しまうことが一番でしょう。

なので、マネーフォワードミーなどのアプリと連携させて

定期的に自分の支払いを管理するシステムを用意することを

強くオススメします。

また、情報が盗まれるのが怖いという方に対して一言発言させて頂けるのでしたら、

マイナンバーが採用されてない国に移住をオススメします。

時代は変化しています。嫌でも社会人でしたらスマホを持たされるのが一般的な時代です。

余談ですが、私はスマホが当時嫌いで持ち歩いてないことが多く、それで2度程会社の上司から

説教されたことがあります。

そして今ではスマホがないと困る体質になりました。

とはいえ、たったの1%でそんなに影響なんてあるの?

という疑問を持たれる方もいると思うのでもう少し具体的に見ていきましょう。

総務省がリンクを貼っている政府統計のデータによると、

単身世帯の月あたりの消費支出の平均額は16371円だそうです。

また、民間のデータや記事を参考にすると「30代前後の年齢、都内周辺に住んでる」

ことを条件に

大体月平均、一人当たりの消費支出額は、18万円

      二人の場合は       22万円

あたりになりそうです。

これを年間にすると、

・単身   18万円 × 12ヶ月 = 216万円

・二人世帯 22万円 × 12ヶ月 = 264万円

となりますので、これらの1%とすると、

・単身   18万円 × 12ヶ月 = 216万円 の1%= 21600円

・二人世帯 22万円 × 12ヶ月 = 264万円 の1%= 26400円

つまり、還元率1%のクレジットカードを作るだけで

年間2万円以上のプラスになります。

2万円って私からすると、もし落としたりして紛失するとかなり残念な金額などですが皆様にとっては

いかがでしょうか?

少しでも「2万円が惜しい」と感じた方はすぐにクレジットカードを作りましょう。

作り方はネットで申し込みするだけです。10分もかかりません

さらに今はキャッシュバックなどのキャンペーンもやっていることも多く、

カードを作るだけで数千円貰えるような状況です。

個人的にオススメするのは断然楽天カードです。

なぜなら、楽天経済圏という言葉が出来てしまうほど、他のサービスと上手く組み合わせておけば

還元率1%どころではないメリットが受けられるからです。

お金
スポンサーリンク
銀鼠(ぎんねず)をフォローする
管理人
この記事を書いた人

1988年生まれ。調剤薬局の薬局長、配送業を開業してフリーランスでも活動中。
趣味:資産運用
色んな知識、知識考え方に触れるのが好きで日々世界ニュースや、本を読んだりするのが好きです。
保有資格:認定研修薬剤師、FP2級、宅建、第2種電気工事士など

銀鼠(ぎんねず)をフォローする
881万円を作る5つのステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました