NFT投資で楽して儲けられるか?

スポンサーリンク
お金

近頃、デジタルアーティストのBeeple(ビープル)の作品がNFTとして出品され約75億円で取引されるなど話題となってるNFTですがこのような状況になっていませんか?

「最近頻繁に聞くNFTって儲かるの?」

「NFT投資をやろうっと誘われたのだけど、どうですか?」

「そもそもNFTって何?」

このような方に向けた記事となっています

・NFTを聞いたことがあるけどよく分からない方

・NFTに投資して儲けられるか気になる方

・NFT投資の仕組み、注意点を知りたい方

先に要約しておきますと、

NFTとはデジタルの所有物、NFTへの投資は投資というよりは現在はギャンブル的。

NFT投資をしたい場合は一般の方であれば、無くなってもいい額で小さく賭けるのが懸命に思います。

NFTとは

「NFT」とは、「Non-Fungible Token」の略で直訳すると「代替性のトークン」です。 

いきなり、訳が分からないですね…

なので、簡単に別の表現でいいますと「デジタルの所有物」です。

少し具体的に考えますと、ネット上の写真や絵が勝手にコピーや複製されたりして、勝手に利用されたら権利を侵害されたりしたら困る人たちがいますよね?

特に権利問題でよく問題になっていたりする、音楽や写真を創作する立場の人としてはネットに公表されているといってフリー素材とも書いてないのに、ばら撒かれたり、ビジネスに利用されたら大問題です。

そこで、そのデジタル上の写真やイラストの個人の所有物と認めるための仕組みが「NFT」で実現できるのです。

物がないのに所有物?(読み飛ばしてもOK)

NFTを説明しなさいって言われると前述の通り、「デジタルの所有物」で十分かと思いますが、

物が実際にないのに所有「物」って何ぞ?と思うかもしれませんね。

法的な考えですと、有体物を所有するのが所有権になってくるのでややこしいのですが、

NFTアートを所有するということは、唯一無二の1点ものであるNFTの技術的性質を裏付けとして、特定のデジタルデータを保有していることを書き換え出来ない状態で記録したこと。

そしてその裏付けとしてブロックチェーン技術により、その時点のデータの所有者はこの人ですよねって証明することできるといった具合です。

→ブロックチェーンについては過去のこちらの記事でも簡潔にまとめています。

NFT投資とは

「所有物」なのですから、他人にその権利を譲ることができます。

NFTアートなどを購入し、そのNFTアートなどの価値が上がった時に販売すると利益がでます。

ザックリ簡単にまとめるとこれがNFT投資というものになります。

以上!!

「いやいや、まてまてそれじゃ仕組みが分からない!」

って私の場合はそうなりました…

なぜ価格が変動するのか、その仕組みを見ていきましょう。

具体的には本物の絵画と同じ様なイメージを持つといいと思います。

本物の絵画の場合であれば、一般的にはその知名度や希少性といったものが上がれば価値が上昇します。

ここで疑問に思えてくるのが既にネット上に流れてる画像が本物の絵画かどうか怪しいし、既に流出しちゃってるじゃんと思うところですが、加工されていたり、偽物の可能性なども生じてきます。

さらには、絵画などは購入しておかないとチャンスを逃すと閲覧することも出来なくなる可能性などもあります。

そこでちゃんとブロックチェーンの技術により加工前の1点ものの、あるいは個数が限られているデータの保有が証明できればそのデジタルアートであるNFTを他人が欲しがり、需要が高くなればなるほど価格価値が上昇していきます。

また、ブロックチェーンは連鎖的に記録が付けられていくため購入者が次に第三者に販売したときには著作者へも利益が発生するため、自分が応援したい著作者の作品を購入したいなどの理由からも価格がつり上がったりする可能性も考えられますし、アートでなくても、ゲーム内のアイテムであればそのゲームの人気が高まり、有用性が高いものであった場合なども値段があがりそうです。

その他様々な要因でそれぞれのNFTの価値が上昇したり、下落したりすることになります。

結局お金儲け目当てで投資すべきか

お金目当てで投資するのは先見の明と知識を必要とするため、素人が迂闊にお金を突っ込むものではないと思います。

ただし、宝くじ感覚で遊びの範囲ならば購入してみるのはいいかと思います。

その理由を3つに絞って述べていきます。

①法律が曖昧

現状の法律では所有物とは有体物であり、「現実の物」について定められています。

NFTの前に盛り上がっていた仮想通貨に対してもまだその権利性が定められておらず、権利がないのだから財産権はないということになります。

そのため、相続においてもケースごとに個別に見解が変わってくるとかで曖昧となっている様です。

では尚更、歴史の浅いNFTの権利を主張するのは法的には難しいと思います。

ブロックチェーンの技術で所有が証明されていたとしてもトラブルに巻き込まれたりするとどうなるかややこしくなりそうです。

②価値が測りにくい

NFTが流行っているからといってテキトーに購入してもきちんと「目利き」ができなければ何の価値もないものを所有し、むしろマイナスになることも起こり得ます。

実物に置き換えたとして、素人が絵画やスニーカーなどのコレクター商品の価値がきちんと分かる様なことは到底あり得ません。

なので明確な投資対象とするのであれば関係する業界に所属でもしていない限りはかなりの勉強が必須と言えるでしょう。

③市場の状況

マイナス面も見てきましたが、ユーザー数が増えているのも事実です。

NFTデータ分析サイトのNonFungibleによると、NFTの売買を行っているユーザーが2021年の8月末時点で14万人程度となっており、グラフを見ても分かる通り右肩上がりとなっています。

であれば、確かに価値が上がりそうなNFTを持っていれば価値があがるかもしれませんね。

目利きができなければ投資対象とはなり得ないと上記で書いてきましたが、ギャンブル的に余剰資金の範囲内であれば投資してみて面白いとは思います。

こちらのHPより引用https://hedge.guide/feature/2021-3q-nft-market-report-bc202111.html

結局、以上のようなことから、価値が分かりにくく目利きが難しく法整備も曖昧のため投資はしにくいのですが、大きく上昇する余地はあるということになりますよね。

性質としては、初期の頃のビットコインと似てるかもしれませんね。

投資は自己責任でお願い致します。

おまけ(その他注意点)

まとめていてちょっとトラブルなどになりそうだなって思ったことが個人的にありましたので、簡単にまとめていこうと思います。

・著作権と所有権は別

NFTを購入したからといって所有権は移動しますが、著作権は移動しません。

例えば、実際の絵画でもそうなのですが絵を購入したからといって勝手に公の場で公表することは著作権を侵害することになりますのでNFTを購入したからといって周りに見せびらかしたりしたら著作権侵害になってしまうかもしれません。

なのでNFTを購入される場合は著作権などはどうなっているかなどもきちんと説明書きは読んでおいた方がいいと思います。

・NFTの価値が上がっても損する可能性がある

これは取引の形態が現状だとほとんど仮想通貨のイーサリアムでNFTは取引されていることが原因となります。

なので仮想通貨の価値が下がるとNFT自体の価値が認められたとしても取引価格が下落するなんてことも考えられます。

お金 雑学
スポンサーリンク
銀鼠(ぎんねず)をフォローする
管理人
この記事を書いた人

1988年生まれ。調剤薬局の薬局長、配送業を開業してフリーランスでも活動中。
趣味:資産運用
色んな知識、知識考え方に触れるのが好きで日々世界ニュースや、本を読んだりするのが好きです。
保有資格:認定研修薬剤師、FP2級、宅建、第2種電気工事士など

銀鼠(ぎんねず)をフォローする
881万円を作る5つのステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました