イブ VS ロキソニン 

スポンサーリンク

突然の頭痛、腰痛。病院にいってる暇もないし市販薬で何とかしたい。あるいは病院までのつなぎとして買っておきたい。

そんなときにドラッグストアへ駆け込むと痛み止めが大量に陳列されていて、

「どれがええねん?」

などと突っ込みを入れたくなり、痛みが余計に増すなんて経験はございませんでしょうか?

今回はその痛み止めの代表格である、イブとロキソニンについて現役薬剤師である私の見解でまとめていこうと思います。

因みに申し訳ありませんが、アスピリンや非ピリン系は医療で痛み止めとして積極的に使用されておらず個人的にはオススメする理由があまりないので今回は私的な判断で勝手ながら除外させてもらいます。単純に悪いということでもないのですが、適材適所が西洋医学かと。

まずは結論から、

早く効いてほしいのであればロキソニン、

長く痛みを抑えたいのならイブ。

胃に優しいのはロキソニン。

薬剤師がいないとロキソニンは買えない。

なぜ、ロキソニンとイブを比較するか

数年前になりますが、以前ドラッグストアで勤務していたとき、よく売れていた痛み止めだからです。

体感ですが、イブ糖衣錠、イブA錠、バファリン、ロキソニンSが主に売れてました。

なので今でもこれらの薬が売れていると勝手に体験談から予想してピックアップしました。

どちらがよく効くか

結論から言うとどちらがよく効くかとなると正直分かりません。

イブもロキソニンも同じ作用機序の「NSAIDs」に分類されるため、

効果を比較検討するのは難しく思います。

しかし、一つポイントを挙げるとします。

処方箋せんを必要とする医療用医薬品として使われる場合の容量がイブは違います。

イブの有効成分は「イブプロフェン」です。

ロキソニンSは「ロキソプロフェン」です。ここごっちゃになると分からなくなるかもです;;

イブプロフェンは痛み止めとして頓服する際は通常1回量を200㎎とされていますが、

市販のイブに含まれているイブプロフェンの量は150㎎となっています。

つまりは、医療用医薬品と比較した場合は効力が用量減少により弱くなっていると言えます。

しかし、市販薬であるロキソニンSは医療用医薬品のロキソニンと同じ量の

ロキソプロフェンが含有されています。

なので、そう考えればロキソニンSのが無難かとは思います。

ですが、市販薬でもイブプロフェンが200㎎含まれているものが販売されていますのでそちらを買えばいいとも考えられます。

「リングルアイビー200」などがイブプロフェンを200㎎含んでいる市販薬です。

イブとロキソニンの大きく違うところ

効能としては対して差がないと思うと上記では述べてきましたが大きく異なる点があります。

それは「薬物動態」です。

まずは下のグラフをご覧下さい。

                      

血中濃度とは、血液中にくすりの有効成分がどの程度含まれているかを表しています。

血中濃度がある一定量に達して、初めて薬の効果が表れます。

そこで、グラフを見てお分かり頂けるかと思いますがロキソニンは早く血中濃度が高くなりますが、減少も早くなっています。

しかしロキソニンもイブも服用の回数は最大でも3回までとされています。(通常ロキソニンSは2回/日まで)

となると、ロキソニンでは見て頂ければお分かりですが、4時間後などは殆ど血中濃度が維持できていません。

つまりは、効き目がほとんどない時間が発生してしまうということです。

それに対し、イブは服用感覚は4時間たっていても血中濃度を高いところで維持できています。

なので四六時中痛むといった場合はイブであれば1日中痛みを抑える効果が期待できます。

かといって、最大3回の服用方法を守らずにロキソニンを4回、5回と飲めば問題を解決できると思ってしまう人もいるかもしれませんが絶対にやめましょう。

体内からの排泄の過程で肝臓、腎臓にも負担をかけるので特に副作用を感じないからと服用回数を守らないとそれは臨床試験の外の世界なのでどうなっても誰も責任はとってくれません。

自己責任だからとかいうには医師免許とってから言いましょう。

他にも違うとこ

痛み止めによくあるとされる副作用、

胃痛に対しては「ロキソニン」に軍配があがります。

ロキソプロフェンは「プロドラッグ」と呼ばれ、体内に吸収されてから活性型に変わって痛みを抑える効果を発揮してくれます。

なので、痛み止めで胃痛になりがちな人ではイブよりもロキソニンを選択しておくとよいでしょう

また、ロキソニンは市販だと薬剤師がいないと買えません。

なので、ドラッグストアによっては置いてなかったり、薬剤師不在で販売できない場合があります。

イブは登録販売者がいれば買えるのでそういったときは自然とロキソニン以外を選択するしかないでしょう。

またはお店を変えるかですね。

イブAとイブ(糖衣錠)の違い

一応補足なのですがイブAとイブは違うので書いておきます。

イブAにはイブプロフェン以外にもさらに2種類の成分が含まれています。

「アリルイソプロピルアセチル尿素」、「無水カフェイン」です。

これらが鎮痛作用を高めてくれますが、アリルイソプロピルアセチル尿素は眠くなるので

仕事してる人にはあまり向かないかもしれません。

イブ糖衣錠はイブプロフェンのみになりますのでイブAで眠くなるから困るという方にはオススメです。

痛みが続くようなら

用法用量を守っていても痛みが悪化したり、続くようでしたら危険サインであることも考えられるため、そのときは受診した方がいいでしょう。

例えば、同じNSAIDsでも効果の高いジクロフェナクなどは飲み薬での市販薬は現状ありません。(外用はある)

無理して市販の薬だけで我慢せずに正しい診断のもと、効果の高い、あるいは症状に適した薬を出してもらいましょう。

総論

・早く効くのはロキソニン、長く効くのはイブ

・胃に優しいのはロキソニン

・ロキソニンは薬剤師がいないと買えない

イブVSロキソニンなどとタイトルつけましたが、そもそも薬剤師からしたらどちらがいいと断定することなど出来ません。

そのときどきの症状に適した薬があるのですからね。

余談ですが米国ではイブプロフェンが一般的でロキソニンがメジャーなのは日本、メキシコ、ブラジルと国によってもメジャーな薬が少し異なってくる様です。知らんですけど。

雑学
スポンサーリンク
銀鼠(ぎんねず)をフォローする
管理人
この記事を書いた人

1988年生まれ。調剤薬局の薬局長、配送業を開業してフリーランスでも活動中。
趣味:資産運用
色んな知識、知識考え方に触れるのが好きで日々世界ニュースや、本を読んだりするのが好きです。
保有資格:認定研修薬剤師、FP2級、宅建、第2種電気工事士など

銀鼠(ぎんねず)をフォローする
881万円を作る5つのステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました